問題点を知る|不動産売却は信頼できる会社で|眠った不動産で財布が目覚める

不動産売却は信頼できる会社で|眠った不動産で財布が目覚める

問題点を知る

家

任意売却という言葉をよく聞くようになりました。任意売却とは、不動産担保物件として自己の物件に抵当権を付けて、お金を借りた場合、その借りたお金を返すことができないときに金銭の借主と貸主の間に仲介業者(不動産会社)が仲介して、3者で話合いをして抵当権が付いている不動産の売却価格を決めることで、競売に出すよりも有利に売却をすることができる点です。通常の競売をわざわざ避ける理由は、競売にはいくつか問題点があるからです。一番の問題点はその不動産の売却価格が低く評価された状態で落札されることや、マンションの場合は、延滞管理費を売主が支払わなければならないというデメリットもあるのです。また、競売が終わるまで時間がかかり精神的に負担がかかってしまいます。

このように任意売却には、さまざまなメリットがありますが、その反面問題点もあります。問題点の一つに債権者が複数いる場合にすべての債権者に同意を得られないといけないことです。一人でも反対をすると任意売却をすることはむずかしくなります。また、販売完了の時期は競売までというタイムリミットがあります。そのため急いで売却をする必要があるのです。それ以外にも、任意売却をした後まだ払いきれていない多額の借金が残った場合、自己破産をする人もいますが、その自己破産が認められないケースもあるのです。それにより借主のその後の予定が大幅にくるってしまうことがあります。任意売却を利用する場合にはメリットだけでなく問題点も認識しておきましょう。

Copyright © 2016 不動産売却は信頼できる会社で|眠った不動産で財布が目覚める All Rights Reserved.